【さっぽろ雪まつり】寒さを制するために用意するべき3つのモノ

行ってまいりました。さっぽろ雪まつり。

さっぽろ雪まつり公式HP

ご存知、札幌市内の2会場で開催される冬のお祭りです。

メイン会場となるのは、大通・ススキノ会場ですね。

2017年は2/6(月)〜2/12(日)まで開催です。

今回私が行ってきたのは、つどーむ会場。

こちらは2/1(水)〜2/12(日)までの開催で、開催してすぐに行ってきました。

子供は寒さなんてへっちゃら!とばかりに元気に走り回っておりましたが、子供が遊んでいる様を見てばかりな大人は、正直めちゃくちゃ寒い。。

実は北海道出身の私。

雪まつりなんて子供の時に行った以来ですし、そもそも上京して以来冬に外遊びなんてしていません。。。

どんな服装で行けば良いか・・・

元道民のくせに、すごく迷いました。

実際に私が雪まつりに着て行った服装と、体感した感想、そして持って行くべきと感じたモノをご紹介したいと思います。

これから雪まつりや北海道に行かれる方は、ぜひご参考としていただき、少しでも快適に雪まつりを楽しんでください。

元道民の雪まつり参加の服装

こちらが実際に私が雪まつりに行った時の服装です。

肌着   ユニクロのヒートテック。半袖➕長袖2枚の計3枚

トップス 唯一持っているカシミア100の暖かいタートルネックセーター

ボトムス ユニクロのヒートテックレギンス➕ユニクロのスキニーデニムの2枚重ね

靴下   薄手靴下の上に厚手の靴下。2枚履き。

アウター ユニクロのウルトラダウン➕モンクレールの膝丈ダウン

帽子   毛糸の耳まで被れる物

マフラー ストールにもなる大判のもの。グルグル巻くと鼻先まで巻ける。

手袋   スエード素材のとフリース素材のもの二つ用意(濡れたりした時の替えで2足)

靴    UGGのムートンブーツ

かなり着込みました。

心配だったのはボトムス。

スノーウェアももう持っていないので、防水・防寒仕様ではない。。

ヒートテックのレギンス➕デニム、の二枚重ね。

まぁどうにか寒さはしのげるかな、という感じです。

そして、次に靴。

本当であれば、ソレルやノースフェイスの、がっつりスノーブーツを履きたいところ。


出典:CAMP HACK


でも、スノーブーツを持っていない私は、この雪まつりのためだけに購入する気にはなれず・・・。

UGGのムートンブーツに、念入りに防水スプレーをしてしのぐことにしました。

※注 本革スエードのムートンブーツを雪道で履く際には、防水スプレーをすることをお勧めします。雪が表面に付いてシミになりると取れません。

元道民の防寒対策。その結果・・・

めちゃくちゃ寒かったです〜!!

いや、どんな格好をしても寒いものは寒いんですけどね。

まず、懸念していたボトムス!

案の定、下半身が冷えまくり。下半身が冷えると全体が冷えます。

これはやっぱり、思いっきり雪まつりを楽しみたいのであれば、スノーウェアを着用すべきですね、はい。


出典:ROXY 公式HP


私は膝上までのダウンコートだったので、まだ良かったのかもしれませんけど、デニムやらで対応できる寒さではありませんでした。。。

靴はムートンブーツだったので冷たくはなりませんでしたが、やっぱりスノーブーツをお勧めします。

理由は転倒!!

なにせ滑ります。

元道民の私。雪が降らない地方出身の方と比べると、雪道の歩き方はこの身に染み付いており、普段は滑ったり転んだりはほとんどありません。

でも沢山の人に踏み固められた道はツルッツル。

そして、転んだ時の衝撃と言ったら・・・。

雪まつり会場で見事にこけてしまいましたが、尻もちをついただけなのに、脳天に衝撃が・・・!!

転び方によっては頭を打ってしまうこともありますし、本当に危険です。

特に、氷の滑り台などを利用する際には、雪の階段を登るのですが、かなり滑りやすくなっております。

滑りにくいスノーブーツをお勧めします。

これは持ってゆくべき!なモノ3つ

やっぱり、冬の北海道の寒さは甘くみては行けないものでした。

なんとなく大丈夫かな、と思っていましたが、数時間外で遊んでいると芯まで冷えて、最後の方は早く帰りたいばかりにあまり楽しめない結果に・・・。

そうならないためにも、これから行かれる方は、この3つは用意して行くことをお勧めします!

①耳あて

耳までの帽子でも結構ですが、帽子だと煩わしかったり、女性の場合、髪型も限られたりするので、耳あてがあると便利です。

帽子も耳あても無い(耳出し)は厳禁です!!

耳が凍えて、凍傷になる危険もありますので、帽子が耳あてで必ず保護・防寒対策をしましょう。

②スマホ対応の手袋

やっぱりこれも無いとかなり不便ですね。

写真もスマホで撮るという方は必須アイテムかと思います。

いちいち手袋脱いで、撮って、また手袋出して・・・、なんてかなり面倒です。

レザーのものもありますが、個人的にはフリース素材の方が、防寒としてはお勧めです。

レザーは指先がかなり冷たくなります。

③マスク

意外かもしれませんが、マスクです。

マスクをすると意外と暖かいし、雪まつり会場は毎年かなりインフルエンザ等が流行ります。

風邪予防のためにもマスクをして行くことをお勧めします。

まとめ・・・寒さを制する者は雪まつりを制する

いかがでしょうか。

しつこいですが、冬の北海道の寒さは舐めてはいけません。

こんなに!?と思うくらい、着込んで防寒対策をして行ってください。

寒さを制すれば雪まつりも、雪遊びも思う存分楽しめます。

しっかりと防寒対策をして、寒くて楽しい雪まつりを思いっきり感じてきてくださいね!

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします★

★素敵なインテリがたくさん!参考にさせていただいています★
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク