プチバトーのサイズ感

我が家の生後10ヶ月になる娘。

プチバトーとユニクロの肌着を愛用しています。

基本的にはプチバトーが日中の肌着。

ユニクロは、寝る時用のパジャマ替わりとして着用しています。

毎日着せ、そして数えきれない程の洗濯をしている感想としては…、

プチバトー。

確かに値段は張りますが、やっぱり質はとても良いです。

何度洗濯しても、柔らかくて肌触りの良い質感が続きます。

フィット感も良いので、汗をよく吸ってくれそうですし、これからも愛用して行きたいと思える肌着です。

サイズ感はどうなの?結構高いし気になる・・・

さて、本題のサイズ感。

プチバトーの肌着はいいお値段しますし、試着もできないので、いざ買うとなるとサイズ感が気になりますよね。。

とりあえず、手元にある肌着と比較しやすいように・・・

大道のユニクロと比較してみました。

向かって左のリサラーソン柄のがユニクロ。

右の小花柄がプチバトーです。

(ユニクロ70CM、プチバトー12Mを比較しています。)

ユニクロに比べて、プチバトーは身幅が細身で丈が長めですね。

現在、娘は約8000グラム・68㎝。

この月齢の女児のほぼ平均体型で、ユニクロの70cmがジャストサイズです。

プチバトーは、首すわり〜生後3ヶ月までは3M、生後3ヶ月〜生後6ヶ月までは6Mを着用していました。

生後6ヶ月〜現在(生後11ヶ月)は、サイズ12Mを着用しています。

2つのサイズを比較して見ました。

ピンク色のものが12M、白地に模様が入っている方が6Mです。

6Mは生後半年でピッタリでした。

そして、生後11ヶ月、ほぼ平均体型の女児がプチバトーの肌着12Mを着用した感じがこちら・・・↓

身幅は程よくジャストフィット!!

股下のボタンもほぼちょうどピッタリという感じですが、若干余裕はありますので、身長的にはまだいけそうです。

というわけで・・・・

プチバトーは表記されているサイズの月齢でジャストフィット(細身〜標準的な体型の場合)

と考えて購入いただければ良いと思います。

娘の現在の状態を見ていただくとお判りになる通り・・・

12Mとなる満1歳には本当に丁度ピッタリ・ピチピチとなるでしょう。

なので、購入時点で3ヶ月のベビーはサイズ6M以上、6ヶ月のベビーはサイズ9M以上を・・・

というような目安で購入いただければ心配ないかと思います。

プチバトーは見頃が細身なので、身体にフィットします。

【肌着はジャストサイズを着せた方が良い】と聞きますので、このフィット感がお気に入りです。

ジャストフィットですが、生地がとても柔らかいので、きつそうではありません。

フィットしている方が、夏場なんかは汗もよく吸ってくれそうですよね。

冬も暖かでしょうし。

そして、何よりデザインが可愛い!!

オサレ心をくすぐるデザインで、買うのもですが着せるのもとても楽しみです。

女は肌着に手を抜くな、と言いますが女児も可愛い肌着を着せてあげるとなんだか母親心もアガります。(男児も然り)

私は毎シーズンのセール時期に購入しています。

あとは、もはやフリマの定番となりつつあるメルカリ

こちらにたくさん出ています。

(新品でお安い事情は私にはわかりかねますが、新品でかなり安く出品されています。)

新生児期の、本当に短い間しか着ない分はメルカリを利用して、出品者にて使用された美品を購入しました。

新生児期は誰もが少ししか着ていませんので、着用感がほとんど無いような綺麗な状態のものがとってもお安く手に入りましたよ。

プチバトーの肌着、オススメです。

追記・・・1歳10カ月標準体型でもまだ12M着れてます。

その後、順調に1歳10カ月を迎えたムスメですが・・・。

現在→身長:約82CM 体重:約11Kg 標準体型。

12Mの肌着、絶賛着用中です!

股下はぴっちりしてはいますが、全然いけます。

日中は保育園通いのため、股下ボタン無しタイプの肌着を着用していますが、

就寝時はまだまだお腹が出るのが気になる年頃・・・。

プチバトーの肌着を愛用しております。

18M、24Mを買い足そうと思っては、まだいける・・・を繰り返すこと半年以上・・・。

質が良いので全然ヨレヨレにならないんですよねぇ。

かなりの年月着用できますね。

やっぱり。。

プチバトーの肌着、オススメです。

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします★

★素敵なインテリがたくさん!参考にさせていただいています★
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク