【保育園活動】あらゆる園を申し込みした私が思う、認可外保育園の選考基準

おはようございます。SUZUです。

この時期になると…、息子を産んだ時の保活を思い出します。

現在は幼稚園に通う息子ですが、認証保育園・認可保育園を経験しており、私ももちろん保活をしました。

【子供の教育】保育園から幼稚園へ転園して感じる、メリット・デメリット

我が家もご多分に漏れず、初年度は認可保育園には落選…。

その頃住んでいた地域は保育園激戦地域だったので、認可保育園に落選した2月時点で、認可外の保育園もどこも確保できていませんでした。

何とか東京都の認証保育園に入れたのですが、無認可保育園・保育ママ、あらゆるところに連絡し、面談に出向き…。寒空の中、預け先確保に扮装しましたよ。

色々な園を見学・申し込みした経験から、預け先の種類別に、私が思う入園の選考基準をまとめてみました。

認可保育園

こちらは保育園を希望されている方ならご存知ですよね。

自治体に認可されている保育園で、入園するには市や区への申請が必要です。

入園選考基準は自治体によると思いますが、各家庭の就労状況などでポイントが割り当てられ、高ポイントな家庭から順に決まっていきます。

認証保育園(東京都の場合)

自治体には認可されていませんが、ある一定の条件をクリアし、都から認定を受けている保育園です。

園庭はないが給食を用意可能な設備がある、など様々な条件がありますが、こちらでは詳細は割愛しますね。都のホームページなどでご確認いただけると思います。

認証保育園は園の規模により、園児の受け入れ人数に上限があるため、1歳児の入園はかなり激戦です。

問題の入園選考基準!

認証保育園は園よって選考の基準が異なります。

私が見学に行き、事前に申し込みをした認証保育園は5園。その5園とも選考の基準が異なりました。

  • A園園の基準による(基準は非公開。恐らく先着順)。私は秋に申し込みをしに行きましたが、その際にすでに100人以上待ちと言われ絶望的。。が、結果この園に入園。
  • B園抽選。抽選結果は園長からの連絡のみ。落選。4月の復帰直前に「1枠空きましたがどうですか?」と連絡あり。既にA園に決まっていたため断る。
  • C園抽選。抽選日も事前に決まっており、抽選結果は園のホームページで確認。こちらも落選。
  • D園他園の申し込みをせず、専願でD園のみ、という家庭を優先。その他は抽選。こちらも落選。なぜか4月になってから入園可の連絡あり。
  • E園園の基準による(基準は非公開。どの基準に当てはまらなかったのかは不明だが落選。

我が家は、最終的に、申し込み時点で既に100人以上待ちだったA園に入園できました。
なぜ入園できたのか…。

それはズバリ…コネです。

認可保育園に落ちたうえに、どこの園にも決まっていなかった為、もう絶望的。。と思っていたところ、A園の枠に決まっていた友人が、我が家の事情を園長に力説してくれ…復帰直前の3月に、園長から入園可能との連絡が!

入園できた理由は教えてくれませんでしたが、おそらくその友人の推しがなければ入れていなかったと思います。

いくつもの園を経営していない小規模運営の園だと、選考が全て園長に一任されている、という園も少なくありません。

息子が入れたA園もそうでした。都内に2箇所しか保育園を展開していない園で、選考から全て園長が行なっていました。
そういう園は、早めの行動で絶対にこの園に入りたいんです!というアピールをして園長の心をぐっと掴んでおけば、入園確約も意外とすんなり取り付けられると思います。
園長も人ですからね。園長の心を鷲掴みにするのは大事です。

我が家が申し込みした園の中ではA園・B園が小規模経営の保育園でしたが、B園も後で聞いた噂では、かなり園長への売り込みが効果ありだったそうです。

思い返すと、A園・B園共に事前の説明会や面談でも、園長がきちんと対応してくれ、熱心に話しも聞いてくれたように思います。

反対に、園長が選考に携わっていなさそうな園。
保育園や幼稚園・託児所などを複数経営していて、母体が株式会社など、ある程度大きな会社になっている園。
そういう経営を広げているような園は、選考も完全にシステム化されていて、園長次第でどうにかなる、ということもないように感じました。
こちらも割り切って申し込みするしかないですね。

我が家が申し込みした園では、C・D・E園がそうでした。
説明会も合同だったり、採用担当者が対応したり。園長も自分に権限がないからか、「こればかりはご縁ですからね」みたいな、なんとなく他人事のような印象。(思い返すと、ですけどね)

認証保育園で確実に入園を取り付けるなら、完全先着順の園か、園長が採用に深く関わっている園ですね。

保活中で、認可は無理そう…という方は、出来るだけ早い時期に、1園でも認証保育園を確保しておくことを切にお勧めします。

無認可保育園

認証保育園の基準を満たしていない、いわゆる託児所のような園です。

こちらも園によって選考基準は異なりますが、無認可保育園は園児の人数枠も園が決められるので、割と受け入れはしてくれます。

ただ保育料が高い(涙)し、給食がないのでお弁当。。先生にも保育士資格が不要です。

こちらは認証保育園もどこも決まっていない、など事情を説明すれば入園締め切り後でもなんとか入れてくれたりすると思います。

認証保育園に決まる前に、我が家も2園ほど入園確約を取り付けていました。(復帰前の2月中旬でも空いていました)

保育ママ

その名の通り、個人のお宅を縁として解放して預かってくれる制度です。

こちらも選考基準はその保育ママさんによります。

我が家は認証保育園に全て落選た時点(復帰直前の2月)で、直接ママさんに空きの有無の連絡をしました。「あとひとり空いていて、既に数人から申し込みがきている」と言う状況のところを、電話で半泣きの状態で頼み込み、なんとか面接まではこじつけ…。それがよかったのかどうかはわかりませんが、預かりを確保してくれました。

ママさんはとても家庭的な雰囲気で、認証保育園が決まってからも、そのママさんにお願いしたい気持ちが強かったのですが、我が家からは便が悪く。。

認証保育園が決まったと連絡をした際にも、自分のことのように喜んでくれて、快くキャンセルに応じてくださいました。

いかがでしょうか。

認可保育園に入れなかった皆さん!

私が思うに、認可保育園以外の預け先は、行動の早さと熱意(しつこさ)でなんとかなると思います。

私も再来年の春には復職です。

希望に沿う預け先が確保できるよう、5月くらいには保活を開始しなければ!

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします★

★素敵なインテリがたくさん!参考にさせていただいています★
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク