【保育園見学準備】保育園見学の際に見るべきポイント

現在、育児休暇中の身である私。

なんだか二人目の育児休暇があまりに快適で、このまま復帰せずに子供の側で。。。なんて半分現実逃避気味にぼんやり考えたりしていたのですが、我が家の家計・私の性格など、現実に舞い戻ると、「…うん。やっぱり働こうか」となるわけで。

もうそろそろ行動しないとね、なんてのんびりしていると、来年度(2018年4月入園)の申し込み締め切りが来月に迫っているではありませんか。

ズボラ母、慌てていくつか見学予約をしました。

息子時代にも保育園活動に明け暮れた経験から、保育園見学の際の、私なりのポイントをしぼってみました。

(ちなみに息子は保育園2園に通った後、現在幼稚園年中です。)

【子供の教育】保育園から幼稚園へ転園して感じる、メリット・デメリット
我が家の息子、4歳。 今年の4月から幼稚園の年少組に元気に登園中です。 それまでは保育園に通っていました。 1歳児...

自分でもここを見ておかないと、という備忘録兼、どなたかのご参考になればと思います。

保育園見学 見るべきポイント

■昼寝時の布団カバー

保育園生活で欠かせない、布団類。

全て園で用意してくれ、バウタオルなどのみを持ち込む園もありますが、園で用意している布団に合わせて、各自でカバーを用意しなければならない園もあります。

息子が通っていた園はカバー作成が必要な園でした。

しかも市販の子供用布団のカバーではサイズが合わない為、要作成。

幸い、今は便利な世の中になったもので、サイズや記事を指定してオーダーできるお店がたくさんありますので、上手く利用して乗り切ることができました。

値段はちょっとかかりますが、子供が喜ぶキャラクター生地です。

女の子はやっぱりお気に入りのキャラクター生地で作ってもらったりしていましたね。↓

■ベビーカー・バギー・駐輪場があるか

保育園内にバギーを置けない、という園も稀にあるようです。

一応ご確認いただいた方が良いと思います。

■抱っこ紐を置いておいてよいか

子供を抱っこ紐で園まで連れて行っても、園には置いておけないというところもあります。

その場合は、勤務先まで抱っこ紐を持っていく必要があります。

抱っこ紐って、かなり嵩張りますよね。。。

■オムツ①:布オムツか紙オムツか

市立・区立(いわゆる自治体運営)、私立の保育園、どこも、その園でオムツの扱いなどが異なります。

最大の相違点は、布オムツか紙オムツか

数は少ないと思いますが、園によっては布オムツ(推奨も含む)を実施している園もあります。

布オムツ育児を希望されているご家庭であれば、なんら問題ないかと思います。

布オムツの取扱方法も園によるかとは思いますが、布オムツを事前に各家庭で何組か用意し、毎日園に持ち込む、という園もありました。

汚れたオムツは消毒液が入ったバケツに浸してあり、そこから持ち帰るというもの。

水を吸った布オムツなんて重いしさ、疲れて仕事から帰ってから汚ムツを毎日洗うとかさ、、なんの修行。。。ということで。。ズボラな私は布オムツ園は、ひとまず候補の最後尾へ回しました。

■オムツ②:持ち込み・持ち帰り型か購入型か

こちらは紙オムツを利用する園が前提での相違点です。

普段家庭で使用している紙オムツを何枚かを持ち込みし、使用済みのオムツはゴミとして持ち帰るパターンと、園が用意している紙オムツを使用し、園にてオムツの使用枚数をカウント、使った分を購入する形で、保育料に上乗せしてオムツ代金を支払うパターンとがあります。

持ち込み・持ち帰り型は、自分の子供の名前を記入しなければならない為、手間が多少かかります。

また、使用したオムツも持ち帰る為、帰りの荷物が多少嵩張ります。

購入型は手間はかかりませんが、お金がかかります。園で用意している紙オムツは1枚数10円と割高な園が多数かと思います。

息子は保育園を2園経験しており、紙オムツでどちらのパターンも経験済みです。

どちらが良かったかというと、個人的には断然持ち込み型。

名前を記入して持ち込む、と聞くと一見煩雑そうですけど、名前スタンプを用意して、手が空いた時に、まとめてポンポンとスタンプしておいて持ち込めばOKなので、毎日の手間はさほどではありませんでした。

やっぱり紙おむつ代金、バカになりませんからね。

園内設備・整理整頓の様子

保育園ですので、おもちゃなどがある程度散らかったりするのは仕方ないと思いますが、絵本などの整頓の様子で、なんとなくその園や先生たちの人柄が現れる気がしました。

息子の保活時に、新設の園を見学しに行ったことがあります。

新設園ですので、外見や設備はとっても綺麗。テンション高めに見学しに行きましたが、玄関内の掲示物がなんだか乱雑に掲示されていて、なんとなく違和感を感じました。

園長が説明してくれたのですが、髪もダラダラとおろしていて、給食室にも躊躇なく見学者を入室させ説明(衛生管理上、見学者は給食室には入室できない園が多数です)。

そういう点に気を配れない方が園長である園に小さな子供を預けることに不安を感じ、立地も我が家からは良い場所にあったのですが、候補から外したことがありました。

選べる立場ではないけど。。。選びたい

保活。待機児童が多数で、どこかに引っかかればラッキー。選んでいる場合ではない時代ですけど、大切な大切な我が子を預ける訳です。そして、仕事をしながら日々通う訳です。

選べる立場ではないですけど、一度入園すると転園もなかなか難しいですよね。

自分の中での最低限の条件をある程度決めて、保活することをお勧めします。

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします★

★素敵なインテリがたくさん!参考にさせていただいています★
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク