【車も家も持たない身軽な人生】を選択した友人が羨ましく感じた

おはようございます。  SUZUです。

実家に帰省中でゆっくりさせてもらって、いつもよりも本や雑誌を眺める時間もあり、とてもありがたいのですが。

片付けやインテリアの収納など、すぐに試したくても出来ないもどかしさもあります。

そして、試したいことの内容とか、読みたいと思った本とか、日記的なこととかをあれこれ書いている手帳を忘れてきたため、何だか調子が出ない日々を過ごしています。

EVERNOTEやiphonに残しておけば、とも思うのですが、やっぱり手帳に適当に書くのがしっくりきます。

まぁ、仕方ないか。

そんな中、先日地元の友達が遊びに来てくれました。

 シンプルに生きている友人の選択が少し羨ましかった 

友人というか幼なじみ。
お互い子供の年齢も近く、色々なんでも話しますが、お互いの生活感とかは改めて話したことはなかったんです。

幼いころからの友人なだけに、聞かなくても色々と知っていることも多くて、改めて最近私はこう思ってる、とかそういう話題をしていなかったというか。

子供の話とかが中心になっていたというか。

今回、友人と話していてとても私の心に響いたことがありました。

「私、シンプルに生きたくて。身軽な人生でいたいから、車も家もいらないんだ。」

途中、思わず「私もだよ!シンプルに生きたくてさ〜」と言いそうになりましたが、友人と比較すると全くシンプルとは程遠い生活だと思い直し、「わかるよ、ウンウン」と賛同するにとどめました。

幼なじみは、言葉どおり車も家も持っていません。

雪国の私の地元では、車を持たないことはかなり珍しいこと。

そして、住宅もほとんどの地元の友人家庭が購入していると思います。

どうして車や住居を買わないのか、家庭の都合のこともあるだろうしと、あえて聞いたことはありませんでしたが、そういう方針だったのか!と驚き。

地元の駅からすぐ近くに賃貸マンションを借りて、車もなく過ごし、全く不満も不便もないそうです。

もう少し子供が大きくなったら、その時に必要な広さの賃貸マンションに住み替えて、また子供が自立したら、都会の近くか、南の方の地域で、もっと便も良くてコンパクトな賃貸マンションに夫婦で住み替えたいとのこと。

車もないから、維持費や駐車場のことも考えなくて良いし。

それを聞いて、なんだか羨ましくなりました。

すでに都内にマンションを購入している我が家は、これから先、「子供も大きくなったしね。さ、住み替えようか!」とは行きません。

今の家を売ったり、住宅ローンのことも考えたり。
とても複雑で面倒です。

住み替えを前提に購入している物件でもないので、おそらく住み替えはしないでしょうし、気軽に住み替えを考えることもないでしょう。

実際に引っ越すかどうかは別として、住み替えを気軽に考えられる環境の友人が羨ましく感じました。

住宅は、賃貸と分譲、どちらが正解かっていうのは無いと思いますけど、身軽に生きることに重点を置いている友人の潔い選択は正解だと思います。

なんと、掃除機・アイロンも処分しようか迷っているそう。

我が家はアイロンの調子が悪くなっており、まさに買い替えを検討している最中。。。

アイロンは不要なのでは、という事を全く想定していなかったので、当たり前に買い替えを検討していましたが、何事もまずは「本当に必要か?」どうかを考えるべきですね。

アイロンがなくてもシワを伸ばせる方法とか、色々あるそうですよ。

確かにね。あるだろうね。

 シンプルな生活って、自由な人生に繋がるんだと思う 

友人と話していると、ネットや本の中の、ミニマリストなる方たちの実物版を目の当たりにして、本当にいるんだ!と感動。
その考えが無理なく出来ていることが羨ましくなりました。

モノに執着せずシンプルな生活を送れていることが、結局は自由な人生に繋がっているんだと、改めて考えさせられました。

車も家も持たない身軽な人生を選択して、自由な人生を送る。

いいですねぇ。この感じ。

私はまだまだだな。

「アイロン、なくても良くない?」とは思えないので…。

でも、

自宅に帰ったらやっぱりモノは減らそう、片付けよう、そして「モノを増やさない」生活を当たり前にしよう

と心に誓いました。

アイロンも、本当に必要なのかどうか考えてみます。

手帳に書けないのはなんですけど、このブログに残しておこう。

ランキングに参加しています。よろしければ応援お願いします★

★素敵なインテリがたくさん!参考にさせていただいています★
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧モダンインテリアへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク